HOME D Live!! スポ少 中学校 高等学校 社会人 モーニング・市民総体・その他 K-Ball 県大会

鶴岡野球連盟 沿革

 昭和21年4月
鶴岡野球連盟 設立
(会長工藤武氏・理事長佐竹治炉郎吉氏)

 昭和23年5月
鶴岡市営球場 完成

 昭和28年6月
 
 
天皇賜杯第8回全日本軟式野球大会を開催。
会場:鶴岡市営球場、鶴岡三中グランド、
   鶴岡市営球場、新庄市営球場

 昭和32年
  
前年度から永久スタンドを目指して着工中であった市営球場の1500人収容の正面スタンド完成。

 昭和33年8月
第5回東日本大学準硬式野球大会を開催。

 昭和34年6月
第10回東日本準硬式野球大会を開催。

 昭和35年9月 第12回東日本大学準硬式野球大会を開催。

 昭和46年5月
第1回鶴岡モーニング野球大会(55チーム)開催。

 昭和46年6月
 
常陸宮賜杯第7回全日本準硬式野球大会(市川市)に、山形県代表として「鶴岡ヤンガース」出場。

 昭和53年8月
第60回全国高校野球選手権大会に、「鶴商学園高校」が君島投手を擁して春夏初出場。

 昭和54年3月
 
第51回選抜高等学校野球大会に「鶴商学園高校」が選抜初出場。

 昭和58年
 
第13回鶴岡モーニング野球大会、最多の266チームが参加。

 昭和59年
 
市制60周年を記念し、60歳以上で編成された「オールドボーイズ鶴岡」が結成された。

 平成元年
会長工藤武氏勇退し名誉会長へ。新会長小池淳氏。

 平成6年8月
 
第76回全国高等学校野球選手権大会に「鶴岡工業」が初出場。

 平成7年1月
名誉会長工藤武氏御逝去。

 平成7年4月
会長小池淳氏勇退。新会長渋谷益生氏。

 平成7年7月
 
鶴岡野球連盟技術部の強化策として、ハワイへ野球親善訪問。

 平成7年8月
 
東京大学硬式野球部が鶴岡市営球場にて10日間の夏季強化合宿を行う。

 平成14年6月
鶴岡ドリームスタジアム 完成

 平成14年8月
鶴岡市営球場 老朽化のため解体

 

ご意見箱
鶴岡ドリームスタジアム 施設概要
ベースボールパーク構想
鶴岡野球連盟
野球指導者認定制度
鶴岡野球連盟 沿革
データベース
試合結果
野球連盟関連
会報、チーム団体
雑誌、新聞、書籍
リンク集
 
Copyright 2010. TBA 鶴岡野球連盟 All Right Reserved.