HOME D Live!! スポ少 中学校 高等学校 社会人 モーニング・市民総体・その他 K-Ball 県大会


【野球指導者認定制度】

■制度制定の理由
 文部科学省保健体育審議会の中間答申では、スポーツ振興基本計画のあり方について、政策目標に「国民の誰もが、それぞれの体力や年齢、技術、興味・目的に応じてスポーツを楽しむことができる生涯スポーツ社会を実現する」ことを第一に掲げている。そして、そのためには質の高い指導者の養成と確保が急務であるとしている。鶴岡野球連盟も平成14年度から始まる学校週5日制を契機に、優秀な指導者の養成が責務であると考え、認定制度を制定した。
■方法

修得する単位は、次のものとして、全部を取得するとC級認定証が与えられる。

1、キャッチボール(守備)の基本、バッティングの基本、
  投手の基本と育成方法
2、ストレッチングの基本、基礎体力強化のためのトレーニング
3、審判技術講習、ルール講習
4、けが防止のための知識、選手の身体つくり(栄養)
5、野球ゲームの基礎戦略(練習方法)、
  指導者の心得(選手の心のとらえ方)

所定の講習を2年間受けることでB級認定証、3年間受けることでA級認定証を与えられる。平成15年度より、連盟主催の大会では、C級ライセンス以上の取得者でなければベンチ入りできないこととしている。これは、指導者をサポートし、子どもたちの野球を楽しくするための制度である。



 

ご意見箱
鶴岡ドリームスタジアム 施設概要
ベースボールパーク構想
鶴岡野球連盟
野球指導者認定制度
鶴岡野球連盟 沿革
データベース
試合結果
野球連盟関連
会報、チーム団体
雑誌、新聞、書籍
リンク集
 
Copyright 2010. TBA 鶴岡野球連盟 All Right Reserved.